So-net無料ブログ作成
検索選択

看板を背負ってるから・・・ [共産党]

 よく「共産党じゃなければね・・・・」といわれます。

でも私は、日本共産党の一員です。それを誇りに思っています。
 
 戦時中、戦争一色だった中「この戦争は間違っている・・・」と命をかけながら、「アカ」と言われ非国民扱いをされながらも必死に頑張った先輩たちに敬意をもっています。

 

 日本共産党は全国で、「くらしと雇用をまもり、だれもが安心してくらせる社会をご一緒につくりましょう」と活動しています。

 
 
 私はその看板を背負っているからこそ、皆さんの思いを大切にし「安心して暮らせる大月」を目指して、仕事ができると確信しています。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

甲府ばあば

日本共産党の歴史の中で、治安維持法で逮捕されても、たとえ、多喜二のように拷問で殺されても、その意思で党を守り、信じぬいた、何万人の先人達が今日の憲法と平和をもたらしました。

決して、忘れず、党を大きくしなければなりません。

大月に帰ってきて、予定候補として活動する藤本さんに、感謝、感謝です。

大月は幾人もの共産党議員を輩出した伝統をもっています。大衆の中で、深く、そうです富士山の裾野のように、広く大きく深く、みんなの中に入って下さい。

遠くからエールを送ります。
by 甲府ばあば (2011-05-23 21:35) 

藤本みのる

コメントありがとうございます。

先輩方が築きあげてくれたものを大切にしつつ、どんどん新しい取り組みをして、富士山の裾野のように、広く大きく深く、みんなの中に入っていきたいと思います。

また、コメントをお待ちしています。
by 藤本みのる (2011-05-24 10:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。