So-net無料ブログ作成
検索選択

富士急行線 大月駅舎改良工事完成式典 [大月]

富士急大月駅舎web.jpg
富士急行線大月駅舎改良工事完成式典が7月12日、
大月駅広場で行われました。
堀内光一郎社長は、
「JR大月駅舎が『関東の駅百選』に選ばれ、
『木の香りに心安らぐ駅』と評されていることから、
当富士急行線の大月駅舎も木材を多用して一体的な雰囲気をつくりだすことにした」こと、
また大月駅が富士登山の北玄関にふさわしく鳥居を設置したこと等、
駅舎改良工事のねらいを話されました。
街の顔である駅舎が
「木の香りに心安らぐ駅」にリニューアルされました。
駅からつづく商店街、街の景観についても、
木の香りのコンセプトは大切にしたいものです。
全国には、
木材建築を地域デザインの核とした地域づくりをすすめている自治体があります。
そこには建築系の研究者や学生が多く足を運び、
専門の研究ばかりでなく、地域のイベントなどにも積極的に参画し交流がすすみ、
地域に新たな活力を与えているそうです。
森の恵みをどのようにまちづくりに生かしていくか、
条件と可能性の高まりに何かワクワクしてきます。

【藤本みのる活動日誌】                                                  
 7月16日(水)党南関東ブロック リニヤ視察(笹子町新田他)
 7月17日(木)平和行進(大月市役所出発式-猿橋駅)
 7月18日(金)市政懇談会(車座)
 7月22日(火)子ども子育て会議 第4回委員会
          東部広域連合第2回定例会
          かがり火まつり実行委員会

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。