So-net無料ブログ作成
検索選択

共産党大躍進 8議席へ [共産党]

日本共産党は、
21日の参議院選挙において、
改選前の3議席から8議席へと
大躍進しました。
非改選と合わせて11議席となり、
議案提案権を得ることができました。
日本共産党にご支持をお寄せいただいた皆様、
猛暑の中日夜を分かたずご奮闘いただいた皆様に、
私からも心からお礼申し上げます。
国会議員団は、
「今後、共産党を躍進させてよかったと思われるような仕事をしたい」
と意欲満々ですので、
地方の実情や声を国会に届け、
連携してがんばりたいと思います。
憲法改正、原発再稼働、アベノミクスに消費税増税…
日本の進路が問われた参院選。
私も同級生に訴えました。
「都議選の結果もあり、今回は共産党のことをマジで考えてる」
「原発のことを一貫して主張しているのは共産党だと思う」
「景気は良くしてほしいが、消費税を上げられたら中小企業はやっていけない」など
多くの期待をいただきました。
また、駅頭でのチラシの配布中に
「自民党はみんな右だから心配、共産党にがんばってもらい憲法を守ってほしい」
などの声もかけていただきました。
電話でも
「特に9条がんばって」
「原発なくす政党に入れたい。だから共産党」の声、
「電話もらってます」
「広げてます」の声がきかれ、
支援の広がりと手ごたえを感じました。
本市は東京に通勤している方が多く、
都議選直後の駅頭では
ほとんどの方がビラを受け取るなど
変化が顕著でした。
東京での変化は、
必ず本市や全国に広がると思いますので、
本市とともに
東京での得票を
紹介させていただきます。

大月市(比例得票)
共産党 1035票
衆院選比+219票

東京都(比例得票) 
自民党 179万票
共産党  77万票
みんな  71万票
公明党  68万票
維新   63万票
民主党  58万票

東京選挙区(5人)
①自民
②公明
③共産
④無所属
⑤自民
の当選順位

【藤本みのる活動日誌】
7月21日(日)参議院議員選挙開票立会人(大月東小体育館)
7月22日(月)市議会だより編集委員会
7月23日(火)郡内健康友の会幹事会、かがり火祭り盆踊り練習
7月26日(金)平成25年第3回市議会臨時会




議員政治倫理条例制定に係わる調査特別委員会が終結 [議会改革]

7月11日、
第9回議員政治倫理条例制定に係わる調査特別委員会が開催され、
条例案および施行規則が了承されました。
1年に及ぶ調査特別委員会でしたが、
市民目線での議会改革の必要性、
政治倫理条例にからむ裁判での
広島高裁違憲判決をどう考えるかなど、
論点を深めることができました。
今後、
法令審査を経て、
9月の第3回市議会定例会に上程され、
採決に付されます。
透明で公正・公平な市政実現へ、
ぜひ可決成立させたいと思います。

〈本市調査特別委員会での争点・・・市との請負契約等に関する尊守事項〉
「第5条 議員は、自己の配偶者若しくは2親等の親族が取締役等をしている法人等…
が市を相手方とする工事…業務の受注又は物品の売買の契約を
辞退するよう努めなければならない・・・。」
〈なぜ2親等までか〉
会社の経営者が議員になると、
代表者の名義を配偶者や息子、兄弟に変えることはごく一般的に行われています。
それは自治法が配偶者や親族の請負を明文で禁じていないからです。
政治倫理条例は、
自治法の趣旨を実効あらしめるため、
兄弟を含む2親等親族を対象としています。
自治法は、
議員、三役等は請負契約に直接間接に関与する立場にあることから、
議会運営の公正と行政執行の適正を確保するために、
自治体と営利的な取引関係に立つことを禁じており、
その趣旨の徹底こそが公正な地方政治に問われています。
〈広島高裁の違憲判決をどう考えるか〉
判決は請負辞退を定めた政治倫理条例一般を違憲としたわけではありません。
多くは請負辞退を努力義務とし、
判決の広島県府中市のように禁止していません。
適正につくられた条例は、
憲法や地方自治法にいささかも抵触しません。

【藤本みのる活動日誌】
7月 7日(日)共立健康まつり、小篠貯水池草刈り
7月 8日(月)田村智子参議院議員街頭演説
7月 9日(火)子育て支援メリーの会料理教室
         大月市九条の会危うい自民党改憲草案学習
7月11日(木)第9回議員政治倫理条例制定に係わる調査特別委員会
7月13日(土)山梨県PTA協議会第1回情報委員会
7月17日(水)志位和夫委員長甲府駅頭街頭演説
7月18日(木)富浜中学校学校開放日(学校評議員)

富士登山北玄関で国際交流 [まちづくり]

2013_0629_093722-IMG_2375web.jpg

6月29日(土)
富士登山北玄関である大月駅で、
富士山世界文化遺産登録を祝う餅つき大会が
開催されました。
前週に続く駅前でのイベントでしたが、
今回は
市職員と市議会の共催行事
というのが味噌でした。
NHKが取材に来るなど
山梨静岡各地のお祝いイベントに
呼応したものとなりました。
写真(上)は、
鈴木章司議員が声をかけた
外国観光客と私が
餅つきをしているところですが、
旅行客が
インターネットで体験記を発信してくれるなど
国際交流も広がりました。
富士登山北玄関にふさわしい土産品等を
関係者で準備しているところですが、
駅前の観光案内所には、
「富士登山北玄関・大月」と
焼印された金剛杖(限定100本)が
並べられました。
私も6月の市議会一般質問で
富士山世界遺産登録にふれて、
次のように述べました。
「関係者の努力に敬意を表するとともに、
これを本市発展の契機にしたい
と考える一人であります。
今ある資源を
発想の転換で活かす企画力が
求められています」。
いつ知恵を出すのか―
今でしょ。
【藤本みのる活動日誌】
6月29日(土)富士山世界文化遺産登録を祝う餅つき大会
7月 1日(月)大月市PTA連合会新役員の一員で市長等表敬訪問
         日本共産党演説会(志位委員長、アピオ甲府)
7月 2日(火)健康まつり実行委員会(郡内健康友の会)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。