So-net無料ブログ作成
検索選択

中央病院新病棟の意義について(一般質問テーマ) [医療]

img060web.jpg
第三次山梨県地域医療再生計画に基づく
山梨県地域医療支援センターのとりくみ概念図

大月市立中央病院の新病棟が完成したが、
「中身がね」との声がきかれます。
これまでの病院の対応への不満が
そうさせていると思います。
すべてをかばうつもりはありませんが、
医師看護師が過重な負担の中で
奮闘されていることを
汲まなくてはいけないと思います。
諏訪中央病院の鎌田實名誉院長は
著書の中で、
「残念ながら医療に完璧はありません。
医療が良い結果を出せないとき、
軌道修正できるツールがあることが大切。
住民と病院の信頼関係は大きい」
と述べています。
信頼確保へ病院の努力が
今こそ求められています。
加えて、
私たちがまんざらでもない中央病院の新病棟の機能と
新設された総合診療科について
理解することが必要です。
「中央病院の再生とは地域医療の再生である」
と理解すれば、
こんなに頼もしいことはありません。
質問では、
以下の点から新病棟の意義を明らかにするつもりです。
◎災害医療の充実強化
◎救急医療体制の強化
◎医師の確保
◎地域医療連携の推進

<一般質問は3月10日(月)です>

【藤本みのる活動日誌】                                                    
2月27日(木)大月市国民健康保険運営協議会
2月28日(金)平成26年第1回市議会定例会開会(21日間)
3月 1日(土)大月短期大学付属高等学校卒業式、閉校式
3月 3日(月)一般質問締め切り、市議会だより編集委員会
3月 4日(火)平成26年第1回山梨県東部広域連合議会2月定例会
         鳥沢小学校PTA役員会
3月 5日(水)総務産業常任委員会補正予算審査(傍聴)

諏訪中央病院を視察研修

2014_0224_150327-IMG_2816web.jpg

大月市立中央病院の再生の参考にすべく2月24日、
大月市議会有志3名(藤本実、山田政文、小林信保)
長野県の諏訪中央病院を視察研修しました。
仲本権一事務部長より、
財務や新病棟建設をふくめた病院の紹介と
研修医について説明をうけ、
ざっくばらんな質疑に応じていただきました。

問 医師確保について
答 常勤医81人の内25人は研修医。
  ほぼ全員が病院に就職していただいており、
  大学からの派遣非常勤医のみ。
  「自由がきき働きやすい」「看護師がいい」と。
問 研修医について
答 初期研修医2年、後期研修医3年、
  5年間で院内の主な診療科をまわる。
  ベテラン中心に総合診療科の医師が指導医をしている。
  だから後期研修医が当直で救急当番に出ても
  ほとんど診察できる。
  定員は年5人で平成25年度は合計25人。
  その内、後期研修を終えた2人が
  常勤医として働いていただくことになっている
問 市民との信頼関係のカギ何か
答 救急を断らないことだ。
  そして市民がボランティアをはじめ
  様々な形で関われる工夫をすること。
  自分たちの病院と思ってもらうことも大事だ
問 「あたたかな急性期病院」とのスローガンについて
答 急性期の宿命に退院がある。
  残念ながら行き先が決まらないのに追い出すことがある。
  当院では回復期・医療介護療養病床での入院、
  自宅療養での訪問診療、訪問看護
  他病院への紹介など
  患者さんの権利を尊重して対応している

【藤本みのる活動日誌】                                                    2月24日(月)諏訪中央病院視察研修(山田政文議員、小林信保議員と視察団)
2月25日(火)大雪被害についての要望書提出
         郡内健康友の会幹事会
2月26日(水)大月市PTA連合会理事会

市立病院再生の予感 [医療]

大月市立中央病院のよびかけで2月7日、
第一回「医療連携を推進する会」が
市民会館講堂で開催され
110名の医療介護福祉関係者が参加した。
進藤廣成院長は
「新棟開業を機会に、
大月市の医療介護福祉にさらに貢献したい。
高齢化が進む中、
在宅での医療介護と病院での入院治療の連携が
さらに重要になる。
まずは相互理解から始めたい」
と述べられたが、
大きな一歩を踏み出した。
中央病院からの報告と
訪問診療・看護にとりくむ医師等からの報告があり、
大きな期待と
医療連携・相互理解の大切さが深められた。
心に残ったのは、
第一部で司会をされた
総合診療科の野村馨Dr.の
「総合診療科は地域を診る」とのお話。
大月市立中央病院は今、
生まれ変わろうとしている。

【藤本みのる活動日誌】                                                    
2月 7日(金)市議会だより正副委員長会議
         富浜中学校評議委員会・学校評価委員会
         第一回医療連携を推進する会
2月12日(水)学校給食委員会

諏訪中央病院へ視察申込 [研修]

ごぶさたしていました。
観測史上最高の積雪に見舞われ
悪戦苦闘しておりました。
災害救助法の適応を受けるなど
様々な形でご支援をいただきました。
色々ありがとうございました。

以下、投稿を再開します。

大月市立中央病院の再生のためには、
市民との信頼関係がカギとなると考え、
地域医療のパイオニアである
諏訪中央病院に視察を申し込んだ。
当院は
医師や医療従事者が地域の住民に働きかけて、
疾病の予防や
健康の維持、増進のための活動を行い、
疾病の治療にとどまらず、
リハビリテーション、
在宅療養のサポート
地域で暮らす高齢者、障害者の支援など
の事業をすすめている。
鎌田實(現名誉院長)氏が赴任した当時、
病院はつぶれかけており、
赴任後さらに落ちぶれていったが・・・。
詳しくは『がんばらない』にゆずるが、
当院は地域に出て新しく生まれ変わっていった。
諏訪中央病院(長野県茅野市、諏訪市、原村の組合立)
医療目標:
①充実した救急医療
②安全な医療
③患者さんの権利を尊重した、思いやりのある医療

img059.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。