So-net無料ブログ作成

富士急行線 大月駅舎改良工事完成式典 [大月]

富士急大月駅舎web.jpg
富士急行線大月駅舎改良工事完成式典が7月12日、
大月駅広場で行われました。
堀内光一郎社長は、
「JR大月駅舎が『関東の駅百選』に選ばれ、
『木の香りに心安らぐ駅』と評されていることから、
当富士急行線の大月駅舎も木材を多用して一体的な雰囲気をつくりだすことにした」こと、
また大月駅が富士登山の北玄関にふさわしく鳥居を設置したこと等、
駅舎改良工事のねらいを話されました。
街の顔である駅舎が
「木の香りに心安らぐ駅」にリニューアルされました。
駅からつづく商店街、街の景観についても、
木の香りのコンセプトは大切にしたいものです。
全国には、
木材建築を地域デザインの核とした地域づくりをすすめている自治体があります。
そこには建築系の研究者や学生が多く足を運び、
専門の研究ばかりでなく、地域のイベントなどにも積極的に参画し交流がすすみ、
地域に新たな活力を与えているそうです。
森の恵みをどのようにまちづくりに生かしていくか、
条件と可能性の高まりに何かワクワクしてきます。

【藤本みのる活動日誌】                                                  
 7月16日(水)党南関東ブロック リニヤ視察(笹子町新田他)
 7月17日(木)平和行進(大月市役所出発式-猿橋駅)
 7月18日(金)市政懇談会(車座)
 7月22日(火)子ども・子育て会議 第4回委員会
          東部広域連合第2回定例会
          かがり火まつり実行委員会

学校林下草刈り作業にボランティア参加 [学校林]

2014_0715_135550-IMG_2997web.jpg
鳥沢小6年生による
学校林下草刈り作業が15日、
県林務環境事務所、扇山管理委員会、PTA役員などのボランティアの協力で
実施されました。
鳥沢小の学校林は、
平成17年度より個人からお借りして活用しており、
学校から300m、3haほどの面積です。
本日の作業は、
6~8年生の杉の若木周辺の下草刈り作業でしたが、
卒業記念植樹された若木を後輩たちが育てていることに、
すぐに結果が出ないゆっくりとした時間の流れとつながりが感じられ、
「素晴らしい」と思いました。
鳥沢小学校のとりくみを紹介している
『森林環境教育の手引き~学校林活用マニュアル』
(平成19年12月、山梨県教育委員会他)は
「普段自然の豊かさを価値あるものとして見ることがなくなりつつある。
山梨県は8割が森林。
森林を児童・生徒の教育の場として活用していく必要がある」としています。
ここにも、本市再生の手掛かりがありました。

【藤本みのる活動日誌】                                                  
  7月 4日(金)大月市学校給食運営委員会
  7月 6日(日)大月市消防団訓練大会
  7月 7日(月)議員全員協議会
  7月 9日(水)とうもろこし出荷(4日間)
  7月11日(金)リニヤ工事にともなう農業用水施設視察
  7月12日(土)富士急行大月駅舎改良工事完成式(来賓)
  7月15日(火)鳥沢小6年生学校林下草刈り作業(ボランティア)

道志村のNPOが講演(木質バイオマス情報交換会) [木質バイオマス]

2014_0701_133833-IMG_2964web.jpg
やまなし木質バイオマス情報交換会(県木質バイオマス普及促進事業)が
7月1日県立文学館で開催され、
大月市など自治体関係者、
林業関係者、企業、市民など100名余が参加しました。
基調講演は、
道志の湯において既存の重油ボイラーを薪ボイラーへ代替し、
市民と共働して積極的なバイオマスのエネルギー利用を実践している
NPO道志・森づくりネットワークさんが行い、
「間伐材の循環する村づくり」についてお話しました。
環境コンサル会社を辞して
地域おこし協力隊員となった大野さんのお話は感動しました。
「人口減少が課題の中、田舎に住む若い人のモデルを作りたい。
私は好きな林業からスタートしたが、村の課題解決をめざしながら、
多様な仕事を組み合わせて収入を得て自立していきたい―」。
道志ではこれらの若い人の思いが再生・活性化の原動力になっている。
輝いて見えました。

【藤本みのる活動日誌】                                                  
  6月24日(火)県道中野入口交差点改良事業説明会(中野集会所)
  6月25日(水)北都留地域教育推進連絡協議会
           富浜中学校適正配置について保護者説明会
  6月26日(木)大月市消防団第6分団 訓練大会練習
  6月27日(金)第3回大月市子ども・子育て会議
           中央大学富士五湖白門会定期総会(ハイランドリゾート)
  6月28日(土)山梨県PTA協議会企画委員会(笛吹市学びの杜)
  6月30日(月)45歳がん検診・胃カメラ等受診(大月市立中央病院)
           第2回かがり火まつり実行委員会(大商協)
  7月 1日(火)やまなし木質バイオマス情報交換会(県立文学館)
           集団的自衛権反対いっせい宣伝(大月駅)
 

市が来季の雪害対策を開始 [雪害対策]

市から市議会に、
来季の除雪対策について、
たのもしい報告がありました。
◎大月市地域防災計画・雪害マニュアル(道路除雪編)を策定する
①行政、除雪業者、住民の役割分担を明確にし、自主的で連携した除雪を行う
・市が除雪を行う指定路線を拡大、追加する(見直しを検討中)
②市が除雪を行う指定路線の優先順位や除雪条件、
及び除雪にかかる契約単価の見直しを進め、公平性を確保する
・各地区内で除雪できる機械を保有する業者や個人を登録し、契約する
・各地区内で除雪した雪を捨てる場所を確保できるか調査し、登録する
③地区住民が行う除雪に対し支援をする
・自治会等が小型除雪機を購入場合に支援を実施する
(購入費用の1/2以内、最大10万円の補助)
・指定路線以外でも、50cmを超える大雪に対して重機による除雪費用の1/2を負担。
また、1mを超えた場合は全額公費負担で除雪を行う
④国、県などと連携し、より効率的な除雪方法の検討を行う
なお、区長および市政協力委員長に意向調査を実施し、広報8月号で市民にお知らせする
2月に大雪による全域孤立の災害を経験し、
市では雪害対策本部や建設課、
各課で大雪対応を検証してきました。
市議会でも質疑をしてきましたが、
災害に強いまちづくりへの対策が
また一つとられることになりました。

【藤本みのる活動日誌】                                                  
  6月12日(木)大月市議会一般質問
  6月13日(金)集団的自衛権反対いっせい宣伝(大月駅)
           鳥沢小・富浜中体育後援会総会
  6月14日(土)鳥沢小土曜学級・環境美化作業
  6月16日(月)総務産業常任委員会、市議会だより編集委員会
  6月17日(火)社会文教常任委員会
  6月18日(水)富浜中学校 学校開放日参観
  6月19日(木)大月市議会定例会閉会
  6月20日(金)対市要請同席(原水爆禁止山梨県協議会)
  6月21日(土)山梨県PTA協議会常任理事会
  6月22日(日)富士山世界遺産登録1周年記念餅つき大会(大月駅前)
  6月23日(月)大月市子ども子育て会議 正副委員長会議


木質バイオマスボイラー視察研修 [木質バイオマス]

2014_0606_110139-IMG_2924web.jpg
山梨県内で稼働中の
木質バイオマスバイラーを回る視察研修会が
6月6日開催され、
県や市の職員、民間の会社や個人など
50人余が参加しました。
南アルプス市、富士吉田市、都留市、小菅村からは
職員の参加がありました。
・山梨市 木質ペレットボイラーによる冷暖房と給湯
      木質ペレット製造工場
・甲府市 木質ペレットボイラーによるハウス加温施設
・北杜市 木質ペレットボイラー利用の大型宿泊施設
「バイオマスボイラーは重油ボイラーと単純なコスト比較では不利。
無価値だったものを価値化する、
新しいビジネスや独自性の創出ととらえることが重要だ。
どうせ作るなら、『有形』ではなく、『無形』の価値を作りだす。
バイオマスを使うことによって新たな連動を作り出していく。
ここが勝負どころ」(県森林研究所より提起)
「無価値」の森林未利用資源をどう価値化できるか、
本市にとっても重要なテーマです。
林業振興と合わせ、
災害に強いまち、停電があっても最低限の日常生活を送れる備えのあるまち。
本市の将来像を考えさせられました。

【藤本みのる活動日誌】                                                  
  5月14日(水)市議会臨時全員協議会、共立健康まつり実行委員会
  5月17日(土)大月市PTA連合会定期総会(会長就任)
  5月20日(火)議員定例懇談会
  5月22日(木)田んぼの代かき(トラクター)
  5月24日(土)やまなし木質バイオマス協議会研修
          山梨県PTA協議会新旧理事会
  5月25日(日)大月市体育祭開会式
  5月26日(月)市議会臨時全員協議会、学校評議委員会(富浜中)
  5月28日(水)田植え(田植え機)
  5月31日(土)結婚披露宴(ハイランドリゾート)
  6月 1日(日)共立健康まつり
  6月 2日(月)平成26年第2回市議会定例会開会日(18日間)
  6月3日(火)青少年育成大月市民会議運営委員会
  6月4日(水)大月市PTA連合会理事会
  6月5日(木)一般質問通告(12日に質問日)
  6月6日(金)木質バイオマス普及促進事業・視察研修(バイオマス協議会)
         鳥沢小・富浜中体育後援会役員会
  6月7日(土)山梨県PTA協議会定期総会
  6月8日(日)大月市体育祭バスケットボール大会(選手出場)


『WOOD JOB!』林業に光 [森林林業]

img064web.jpg
市役所産業観光課のポスターにひかれ、
映画とともに原作本も興味深く読んだ。
私は本市の活性化にとって、
林業が重要だと考えており、
林業に光をあてた本作は願ってもないものだ。
本作の舞台は
三重県中西部の神去村/
主人公が「緑の研修」で1年間住み込みをする中村林業は
信仰の山である神去山を含め手入れをしている/
「なあなあ」は村民の口癖で、
「ゆっくり行こう」というニュアンスだそうだ/
あくせくしたって木は育たないとの感覚か
木を慈しむように育てる山の人たちの姿と
家族の物語が新鮮で感動する…(つづきは劇場で)

【藤本みのる活動日誌】                                                  
  5月 3日(土)憲法記念日9条の会宣伝(オーツル店頭)
  5月 7日(水)大月市PTA連合会新旧役員会
  5月10日(土)郡内健康友の会定期総会
  5月11日(日)ソフトボール大会(富浜)、『WOOD JOB』鑑賞
  5月12日(月)富士五湖白門会役員会
  5月13日(火)道志村「木の駅」視察研修

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。